フロームラボショップ ラボ発 コスメ・サプリメント・ヘルシーフード ラボ(研究機関)から生まれた信頼性の確かな商品をお届けします。
対象エリア内に限り翌日中に配送いたします。
対象配送エリア:東北、甲信越、関東、北陸、東海、関西、中国、四国(北海道、九州、沖縄、離島等は含まれません)
*弊社休業日(日曜日)のご注文や翌日配送マークがない商品と同梱の場合は、翌日配送できません。
TOP 会社概要 ご利用ガイド 会員登録 買い物かご 会員ログイン

イリスエスリーク ホホバオイル

お得がいっぱい!会員限定商品はこちらからお探しください
 

【初回限定送料無料】フジムラ・ブラウン・ローション お試し用価格 30ml

商品名 : 【初回限定送料無料】フジムラ・ブラウン・ローション お試し用価格 30ml

商品コード : fj-002

製造元 : 株式会社ふじ村

価格 : 1,405円(税込)

内容量:30ml

ポイント : 13

数量 :


 3,300円以上は送料無料

【定形外郵便でお届け】
【代金引換不可】


※「代金引換」をご希望の場合は、別途送料および代金引換の手数料が発生いたします。
予めご了承いただけますようお願いします。




フジムラ・ブラウン・ローションは、ドクダミ・エキスの自然化粧水です。
国産どくだみ(100%)を長期間かけて自家抽出したエキスを、90%以上配合しています。

野生の「どくだみ」は数世紀前から日本で利用されており、現在も利用の実績がある植物です。
「フジムラ・ブラウン・ローション」は、この自然の恵みを最大限に生かした自然化粧水です。




フジムラ・ブラウン・ローションの配合成分である、ドクダミ・エキスの素材となるどくだみは、
100%国産で野生のドクダミを乾燥させたものです。
採取地域は甲信越地方、北関東地方および東北地方です。
さらに各種規格検査を経て、日本薬局方規格に合格したもののみを使っています。

ドクダミ・エキスは、この国産の日本薬局方ジュウヤク(どくだみ)100%を原料に、
30日以上かけて穏やかに抽出しております。
また、化粧水へのどくだみエキス配合量は90%以上!
他社製品とは桁違いの配合量です。




フジムラ・ブラウン・ローションは、メーカーの自社製作所で製作されています。
化粧水に配合するすべての原料・素材を厳選し、主成分どくだみエキスはすべて自社製造。
もちろん、現在要求される製造・品質管理のもとで製作されていますので、安心してお使い頂けます。




どくだみは十薬または重薬ともいわれ、日本薬局方に「ジュウヤク」として記載されています。
「多くの薬効があるので、十薬と呼ぶ」と江戸時代の書物にも記されているように、
古くから外傷などの薬草として効用のあることが知られていました。

その葉と茎には、ドクダミ独特の臭い成分でもある、
デカノイル・アセトアルデヒドなどの、アルデヒド類とケトン類が含まれています。
これらは、ブドウ球菌・糸状菌(カビ類)などに対して、強い抗菌作用を示します。




フジムラ・ブラウン・ローションは、からだに備わる再生能力を自然の力でサポートします。


どくだみ本来の効果に加えて、ドクダミ・エキスの溶媒であるエタノールにも抗菌・消毒作用があります。
また、保湿成分としてグリセリンを配合しています。
荒れやすいお肌・あかぎれ・にきび・乾燥肌・お化粧後のケアにおすすめします。



お化粧・ストレス・気候・排気ガスなど、お肌にとって負担の原因は様々です。
また、遠い幼少期に受けた紫外線が、成長後に影響することもあります。
一日に受けたお肌のダメージをできるだけ明日に残さないためにも、洗顔・入浴後のケアをおすすめします。



その昔どくだみは、乳幼児や妊婦に飲ませる習慣があったといいます。
デリケートなお子様のあせも・しもやけ、男性のひげそり後の肌荒れなど、ご家族のみなさまでご利用いただけます。


当商品についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。
[ フジムラ・ブラウン・ローション ]


<全成分>
ドクダミエキス(溶媒として水、エタノールを含む)、グリセリン、ラベンダー油





ブラウンローションをご使用されたお客様から、ご感想をいただきました。

H.Sさん(39歳)・会社員・大阪市
 歳をとってくると、髪の毛が痩せて細くなり、ハリもなくなって来ます。
それを何とかしようと、市販の育毛剤を買って使い始めてから三、四日すると頭皮が痒くなって来ました。育毛剤が合わないと思い、使用するのを止めたのですが、痒みがなかなかひかない日が続きました。そんなある日、お友達のお母様がアトピー性皮膚炎になられた時に使ってすっかりきれいになったから肌が荒れた時に使うといいわよといただいた、ブラウンローションを試してみましょうと、ブラウンローションを頭皮にふりかけてみると、スーとして痒みが取れました。次の日も痒いかなと思った時に使用し、三日目は一回だけ使いました。そうしたら何と四日目にはもう痒くならなかったのです。これはすごいと思い、そもそも顔用ローションなのですから、顔にもつけてみましょうと一日おきに使い始めました。それまでに使っていた高い化粧水を消費しないと勿体ないという主婦根性で一日おきにしたのですが、使い始めてから十日程たった頃に、顔色がワントーン明るくなりました。肝斑、目の下のクマ、怪我によるシミが確実に薄くなりました(たったの五、六回の使用で)。
 この事を友人に話した所、「他の化粧品は何らかの漂白剤が入っているのだけれども、ブラウンローションには漂白剤は一切入ってなくて、真皮からコンディションを整えるから、一時的にシミを薄くするのではなくて素に作用するのよ。」と教えられました。だから一日おきでも充分威力があったのだと納得しました。

Y.Iさん(42歳)・会社員・甲府市
 冷え性で、冬は電気シーツなしでは眠れませんので、体が乾燥して、背中、肩、腕、脚と順番に痒くなります。
 友人から「アトピーにいいローションがあるわよ。」と貰ったブラウンローションのことを思い出して使ってみました。何と痒くならなくなったのです。
 お礼の電話を友人に入れると「痒みを止めるのではなくて、お肌そのもののコンディションを整える物なのよ。だからお化粧かぶれはもちろんの事、肝斑(かんぱん)や目の下のクマも素から改善されるから、顔にも使ってごらんなさい。」と言われました。
 顔には気に入っている化粧水をずっと使ってましたので、切り替えるには抵抗がありましたので、一日おきに使ってみることにしました。十日程たった頃でしょうか、顔色がいいと言うか、白くなったような気がして、ハタと、もしかしたらブラウンローションのせい?と気付きました。それまで使っていた高い化粧水は何だったのと思いました。


ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません